ハロウィンが誕生日の姉貴的存在の親友へのサプライズ

最近ニュースでも話題になっているハロウィンですが
10年ほど前はここまで盛り上がっておりませんでした。

私の周りには割とアクティブな友人が多いため
高校の夏休みに留学に行き
そのまま海外の高校に入ってしまう子がいたり、
国際結婚をしているかたが多くいます。

そのためか海外行事に昔から触れ合う事が多く
ハロウィンパーティーも高校の時から行っておりました。

私には姉貴的存在の親友がおります。

その子の誕生日はハロウィンと同じ日で
とくに予定もないという事で2人で飲みにいこうと誘いました。

しかしその日は
共通の友人を集め二週間前からパーティーの準備をしておりました。

飲みに行くのは当時はまっていたダーツバーです。

店長始め店員さんもフレンドリーで
常連さんもこの仮装パーティーを珍しがり
是非参加したいという事で
30人の規模のパーティーとなり
準備もスムーズに行えました。

見た目がクールな親友という事もあり、
親友用の仮装コスチュームは特攻服。

アイテムは大きな旗。

この旗は布5メートル購入しミシンがない為
全て手縫いで製作しました。

そして当日、待ち合わせの場所に仮装をした10人が迎えにいき、
そこで涙を流しながら大爆笑。

そしてお店についたら
全員が本格的に仮装をしているという事でさらに大爆笑。

そして二週間かけて製作をした衣装と旗のプレゼントを渡しました。

ここではあまりの完成度に今までとは違う涙を流しておりました。

あれから10年ほどたちましたが
毎年ハロウィンのニュースを見るたびにあの時のサプライズを思い出します。